会長方針

[2021-22年度] 国際ロータリーのテーマ

Rotary International Theme

[2021-22年度] 名古屋-名東ロータリー会長方針

Nagoya-Meito Rotary Club Chairman Policy

「和」~ロータリーライフを楽しみましょう。

本年度、国際ロータリーのテーマは、『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』です。
シェカール・メータRI会長は、クラブ会長に向けてのメッセージの中で「私は常に超我の奉仕というロータリーの標語に感銘を受けてきました。この言葉は人々を思いやり、分かち合うことの大切さを教えてくれました」そして、「もっと行動し、もっと成長しよう今行っている奉仕をただ続けるだけでなくもっと大きな夢を抱かなければなりません。」と語っておられます。

そして、沓名俊裕ガバナーは、「チェンジロータリー 新時代への成長に!」~コロナゼロ・カーボンゼロ支援~を地区方針として掲げられました。
昨年から続くコロナ禍の影響で三密を避けるなど新しい生活様式が確立されつつある中、ロータリークラブも大きな影響を受けておりますが、マイナスに捉えるのではなく前向きに時代のニーズに合うロータリークラブに変化していくことが大切である。そして、奉仕活動の中でも、特に新型コロナウイルス対策、カーボンゼロ対策への支援に重点をおいた活動を各クラブで考え実行してほしいとのことです。

私たち名古屋名東ロータリークラブは、これからの時代に合う奉仕活動のありかたを考えながら、みんなの人生を豊かにするために、行動し、成長していくように心掛けていきたいと思います。

今年度のクラブ方針は「和」~ロータリーライフを楽しみましょう。といたしました。
「和」は、なごむ、やわらぐ、など穏やかな印象があります。音楽でも奇麗な和音の唱和は、美しく聴いているだけで心が穏やかになるものです。

和気香風(かきこうふう)穏やかな天候で、よい香りが満ち溢れていること。今年度は、こんな雰囲気が漂うクラブを目指しながら皆様とロータリーライフを楽しんでいこうと思っています。一年間ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021-22年度 会長 橋本 節生