国際ロータリーのテーマと地区方針

2018-19年度 国際ロータリーのテーマ

ロータリー:インスピレーションになろう

年間テーマ

バリー・ラシン国際ロータリー会長の言葉より;
113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生において、絶えず進化してきました。 ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。 その後ほどなくして、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきました。 間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人びとの生活を変えていくようになりました。 活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。 各国政府、国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。 ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。

ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。 それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。 その一方で、今日のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。 それは、才能、そして世界を変えようという熱意をもつ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。 私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。

全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。 残念なことに、ロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くありません。 私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していません。

ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。 真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。 公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。 より持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があります。 一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。

ポール・ハリスが述べたように「ロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデル」です。 私にとって、ロータリーは、単なる「モデル」ではなく、インスピレーションです。 ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ための道を拓いてくれるのです。

2018-19年度 名古屋名東ロータリー会長方針

「ロータリアンは行動する」

バリー・ラシンRI会長は、「私たちは行動します。なぜなら、ロータリーは夢想家ではなく、実行する人の集まりだからです。」と話され、ロータリアンは「ロータリーを通じて行動するよう、人びとにインスピレーションを与えて下さい。」と宣言してみえます。 村井總一郎ガバナーは「職業奉仕を中心とした奉仕の理念」を再確認し、「今日から、今から、まずあなたの街でインスピレーションになりましょう。」と我々に話しかけてみえます。 村井ガバナーの仰ってみえる職業奉仕は、クラブ員全員が常日頃から意識しているところですが、この機会に再確認し、一人一人が行動へ移していきましょう。

名古屋名東ロータリークラブではRI会長やガバナーの示唆をインスピレーションとして、メンバーの一人一人が関わっているすべての人々に対して、「四つのテスト」の実践につながる行動をしましょう。 「真実」が実践されれば、仮想データの問題などもおこらない。 「公平」にすべてに接していればトラブルも起こらない、どちらかと言えば取引先などをA,B,C分析して接すると、逆にAクラスの取引先との間にトラブルが起こったりして、無用な問題を抱え込むことになる。 「好意と友情」を深めるような接し方をしていれば、相手の心象からしてトラブルを未然に防ぐことができる。 相手にとって「有益」な行動であれば、誰にとっても不愉快なことにはならない。

奉仕活動はメンバーが行うことがロータリークラブの基本です。 しかし、単年度予算ながら、メンバー全員で支援している「名東区小中学校連合音楽会」のような結果的に継続事業となっているようなケースもあり、地域社会での認知度を上げていく為には時代に合った運営を進めていきたいものです。 まずは、一人一人が自分の職業での関係者へインスピレーションになりましょう。
会長 佐藤 慎一郎